専業主婦が増えてきている

最近の日本では専業主婦になっている方が多いようですね。

専業主婦と聞くとアナタは何歳の女性を想像しますか。

多分大半の独身男性は専業主婦になっている女性は40歳から50歳と思うのでしょうね。

しかし、そのような高齢年齢の女性が専業主婦になっているとは限らないのです。

20歳で専業主婦になっている人もいれば何と!10代後半の年齢で結婚して専業主婦になっている人もいます。

これだけ専業主婦でほぼ埋め尽くされている我が国日本ですが、何故これだけ専業主婦になっている人が多いのでしょうか?
また、何故これから専業主婦になりたいという願望が強い女性が続出しているのでしょうか?
それは何といっても待機児童の問題が解決されていないからだと思います。

待機児童問題とは一体何なのかを紹介しますね。

待機児童問題とは保育園に行きたい児童が居ても保育園に満足に行くことが出来ない問題です。

これは子供からしたら深刻な問題でしょうね。

保育園に行きたくても満足に保育園に行くことが出来ないのですから。

これを解消しよと大阪知事の橋下徹氏があらゆる手を尽くして今も奔走しています。

この問題が未だ解消されていないので、専業主婦となっている人は自分の子供を守らなくてはいけません。

これから専業主婦になりたいという願望が強い女性もこの考えに賛同していると思いますので、自分も専業主婦になって自分の子供を守りたいのでしょうね。

私が結婚することには待機児童問題が解消していることを願うばかりです。

そのような時が来れば女性も安心して子供を保育園に預けてバリバリと仕事が出来ると思いますよ!

専業主婦の特権をフルに活かしましょう

女性は男性と結婚すると専業主婦になりたいと思っている人が沢山居ると思います。

この世には独身女性の方が多いのですが、中には既婚者も居るようです。

私は既婚している人の自宅を調査も兼ねて訪れました。

すると、どうやら専業主婦になっているようです。

私が既婚している人の自宅に調査も兼ねて訪れたのは私の親戚の自宅なのです。

その親戚は子供が1人いるのですが、未だ、よちよち歩きになったばかりの1歳の赤ちゃんです。

1歳になった赤ちゃんはよちよち歩きが出来るとはいえ、まだまだ手が掛かります。

外出しても親が待ってと言っているのに勝手にどこかに行ってしまいます。

このようなことがあるから私の親戚も含めて若い女性が専業主婦になりたいという志向が強いみたいですね。

これでは、もし自分がやりたいことがあっても子供の面倒を見るので手いっぱいですよね。

しかも専業主婦は家事をしながら子供の面倒を見るのです。

自分は専業主婦で家事をしながら子供の面倒を見るといっても少しの不満を募らせるときがあります。

そのような時はイライラすると思うでしょう。

そのような時はイライラしないで、夫に家事や子供の面倒を見てもらうと良いでしょうね。

最近はイクメンというのが流行っていますからね。

イクメンとは妻に変わって子供を育てる夫という意味です。

妻が育児から少し離れて良い気分転換が出来たのなら子育てを夫とバトンタッチしましょう。

そして気分一新家事も精を出せると思います。

そして、なるべく家事も夫に手伝ってもらいましょう。

アナタがもし、外で働いていたらどうですか?
このようなことも満足にできないし、家事も子育ても夫には頼めません。

だから、ここは専業主婦になって専業主婦の特権をフルに活かせば良いかと思います。

そのような観点からも女性は専業主婦になりたいという志向が強い理由かもしれませんよね。

在宅勤務の需要化で働くこと

在宅勤務の需要化、それは在宅で働くことを指します。

在宅勤務の需要化を説明する前に需要という言葉をあまり理解されていない方がいるようですね。

その人のために需要とは何ぞやという事をご説明いたしましょう。

需要とは必要とされているもの、という意味だ。

つまり、在宅勤務の需要化とは企業が在宅で働くことを必要としているかどうかです。

ハッキリ言いましょう。

在宅勤務の需要化は年々少なくなっています。

何故だか分かりますか?
それは、外で働く人が増えているからでしょうね。

自宅には仕事は持ち込みたくないでしょうし。

私も実はそうです。

私も在宅勤務より外出勤務の方が良いです。

なので、私は今は会社員をしています。

外出勤務の利点は人とのコミュニケーションにあります。

私は、あくせく働いて仕事をしているのです。

唯一の私の楽しみは昼休憩になって同僚と共にランチをしながら会話を楽しむことです。

ようやく仕事が終わり昼休憩になりました。

すると私は早速私が親しい同僚を誘って会社の近くにある中華屋さんで食事をしています。

そこで私と私の同僚はいつも同じメニューを頼んでいるのです。

それは餃子にチャーハン、麻婆豆腐に上海焼きそば、酢豚に回鍋肉だ。

それらを食べながら私は私の同僚と楽しく雑談をしたり会社の上司の愚痴を言い合ったり、昨日会社から帰宅した後で何をして過ごしたか?とか話しました。

非常に楽しかったです。

所で在宅の需要化は年々少なくなっていると言いましたが、年々少なくなっていっているのは確かなのですが、探せば1つや2つ在宅勤務を必要としている企業があるとか。

という訳で私の知人は在宅勤務を今でもやっているらしいです。

私は自宅まで仕事を持ち込みたくないので、在宅勤務はごめんだね。

交通網での痴漢が多くなった

我が国日本は今の時代痴漢が多いです。

痴漢は一番女性が怖いと思っているのではないでしょうか?
痴漢は良く女性が被害に遭うベスト3に入っています。

電車や新幹線・バスに乗っていると痴漢に遭いやすいです。

特に満員電車などは痴漢に遭いやすいのではないでしょうか?
これだけ痴漢の被害が多いとされていますが、一番痴漢に遭いやすい季節があるのです。

それは夏の季節です。

何故痴漢が夏の季節になると一番発生するのかというと夏の季節になると汗を掻きますよね。

汗を掻いたら当然のことですが女性は服の上からブラジャーが透けて見えます。

このような女性が男性の隣に居ればムラムラするのは当たり前ですよね。

最初は痴漢に遭うと抵抗するのですが、次第に受け入れて胸なんか揉まれると女性は堪らなくなって喘ぎ声を出すことでしょう。

そして、乳首なんかを吸われると、より一層堪らなくなり女性は更に喘ぎ声を出すかと思います。

ですが、中には痴漢をしても何度も何度も拒否されて、あえなく痴漢が出来ない女性も居るのです。

普通の置換する男性ならばここで諦めることでしょう。

でも、ナンパ師というものはここでへこたれたりなんかしません。

幾度も同じ電車などに乗り何度も拒否られた女性に痴漢をします。

私も痴漢をしたことがあるのですが、私の場合は痴漢を最初拒否してもすぐに痴漢を受け入れてくれる女性たちばかりでした。

でも、一度綺麗な女性が居て、その女性に痴漢をしようと思ったのですが、何度も何度も拒否されてしまい、あえなく残念な結果に終わりました。

でも、ナンパ師は何度も何度も痴漢を拒否した女性にも積極的に痴漢をします。

何度も何度も痴漢をしているうちにやがて痴漢に成功するらしいです。

それがナンパ師というものなのです。

私はナンパ師と一緒の電車などに一度だけ乗り合わせたことがあるのですが、その日も痴漢しても何度も何度も痴漢をして、ついに成功させました。

私は、その時に私もナンパ師のようなメンタルを見習わなきゃ!と感心させられちゃいました。

日本の女性は買い物好きです

私は、日本の女性は他の国の女性に比べて買い物が本当に好きなのか?…調査をしました。

調査の結果、どうやら日本の女性は買い物するのが本当に好きみたいです。

買い物をすると良い店員さんばかりだったら良いのにな~と考える女性が多いようです。

ですが、世の中そんなに甘くありません。

中には質の悪い店員や積極的に商品をすすめてくれるのは良いのですが、それが度を越している店員もいます。

そんな店員も結構いるのに何故女性は買い物好きなのでしょうか?
きっと女性は買い物をすることで自分が抱えている日々のストレスや欲求を満たしているかと思います。

だから店員さんの質が悪くても度を越して商品をすすめる店員さんが居ても我慢して買い物をしているのでしょうね。

ここで店員さんの質がどう悪いのか紹介したいと思います。

アナタが、ある場所で商品を選んでいるとしましょう。

自分はしっかり品定めをしてから良い商品を購入したいと思います。

すると、店員さんの方から「早く選べや!」「こっちも次のお客が待ってんねん!」と言うのが質の悪い店員さんです。

これは、かなり感じが悪いですよね。

逆にウザくもなりますよね。

でも、ここで怒ってはいけません。

ここで怒ってしまえばアナタの価値観が下がるというものですよ。

次に商品をすすめるのに度を越している店員さんの紹介をしたいと思います。

自分が購入したくないのに店員さんが良いと思う商品というだけで異様に「コレはどうですか~?」「アナタにお似合いですよ~」という店員さん、この商品は便利ですよ~、この商品は、うちにしかないです。
とても優れものですよ~、購入するには今しかないです、購入しますよね?と聞いてくる店員さん、自分が購入を決めた商品を店員さんが外まで持ってくる店員さんがいます。

そのような店員さんは丁寧に見えて逆にウザいですよね。

そのような店員さんに当たっても我慢しましょう。