Home » 痴漢 » 交通網での痴漢が多くなった

交通網での痴漢が多くなった

我が国日本は今の時代痴漢が多いです。

痴漢は一番女性が怖いと思っているのではないでしょうか?
痴漢は良く女性が被害に遭うベスト3に入っています。

電車や新幹線・バスに乗っていると痴漢に遭いやすいです。

特に満員電車などは痴漢に遭いやすいのではないでしょうか?
これだけ痴漢の被害が多いとされていますが、一番痴漢に遭いやすい季節があるのです。

それは夏の季節です。

何故痴漢が夏の季節になると一番発生するのかというと夏の季節になると汗を掻きますよね。

汗を掻いたら当然のことですが女性は服の上からブラジャーが透けて見えます。

このような女性が男性の隣に居ればムラムラするのは当たり前ですよね。

最初は痴漢に遭うと抵抗するのですが、次第に受け入れて胸なんか揉まれると女性は堪らなくなって喘ぎ声を出すことでしょう。

そして、乳首なんかを吸われると、より一層堪らなくなり女性は更に喘ぎ声を出すかと思います。

ですが、中には痴漢をしても何度も何度も拒否されて、あえなく痴漢が出来ない女性も居るのです。

普通の置換する男性ならばここで諦めることでしょう。

でも、ナンパ師というものはここでへこたれたりなんかしません。

幾度も同じ電車などに乗り何度も拒否られた女性に痴漢をします。

私も痴漢をしたことがあるのですが、私の場合は痴漢を最初拒否してもすぐに痴漢を受け入れてくれる女性たちばかりでした。

でも、一度綺麗な女性が居て、その女性に痴漢をしようと思ったのですが、何度も何度も拒否されてしまい、あえなく残念な結果に終わりました。

でも、ナンパ師は何度も何度も痴漢を拒否した女性にも積極的に痴漢をします。

何度も何度も痴漢をしているうちにやがて痴漢に成功するらしいです。

それがナンパ師というものなのです。

私はナンパ師と一緒の電車などに一度だけ乗り合わせたことがあるのですが、その日も痴漢しても何度も何度も痴漢をして、ついに成功させました。

私は、その時に私もナンパ師のようなメンタルを見習わなきゃ!と感心させられちゃいました。