専業主婦が増えてきている

最近の日本では専業主婦になっている方が多いようですね。

専業主婦と聞くとアナタは何歳の女性を想像しますか。

多分大半の独身男性は専業主婦になっている女性は40歳から50歳と思うのでしょうね。

しかし、そのような高齢年齢の女性が専業主婦になっているとは限らないのです。

20歳で専業主婦になっている人もいれば何と!10代後半の年齢で結婚して専業主婦になっている人もいます。

これだけ専業主婦でほぼ埋め尽くされている我が国日本ですが、何故これだけ専業主婦になっている人が多いのでしょうか?
また、何故これから専業主婦になりたいという願望が強い女性が続出しているのでしょうか?
それは何といっても待機児童の問題が解決されていないからだと思います。

待機児童問題とは一体何なのかを紹介しますね。

待機児童問題とは保育園に行きたい児童が居ても保育園に満足に行くことが出来ない問題です。

これは子供からしたら深刻な問題でしょうね。

保育園に行きたくても満足に保育園に行くことが出来ないのですから。

これを解消しよと大阪知事の橋下徹氏があらゆる手を尽くして今も奔走しています。

この問題が未だ解消されていないので、専業主婦となっている人は自分の子供を守らなくてはいけません。

これから専業主婦になりたいという願望が強い女性もこの考えに賛同していると思いますので、自分も専業主婦になって自分の子供を守りたいのでしょうね。

私が結婚することには待機児童問題が解消していることを願うばかりです。

そのような時が来れば女性も安心して子供を保育園に預けてバリバリと仕事が出来ると思いますよ!

専業主婦の特権をフルに活かしましょう

女性は男性と結婚すると専業主婦になりたいと思っている人が沢山居ると思います。

この世には独身女性の方が多いのですが、中には既婚者も居るようです。

私は既婚している人の自宅を調査も兼ねて訪れました。

すると、どうやら専業主婦になっているようです。

私が既婚している人の自宅に調査も兼ねて訪れたのは私の親戚の自宅なのです。

その親戚は子供が1人いるのですが、未だ、よちよち歩きになったばかりの1歳の赤ちゃんです。

1歳になった赤ちゃんはよちよち歩きが出来るとはいえ、まだまだ手が掛かります。

外出しても親が待ってと言っているのに勝手にどこかに行ってしまいます。

このようなことがあるから私の親戚も含めて若い女性が専業主婦になりたいという志向が強いみたいですね。

これでは、もし自分がやりたいことがあっても子供の面倒を見るので手いっぱいですよね。

しかも専業主婦は家事をしながら子供の面倒を見るのです。

自分は専業主婦で家事をしながら子供の面倒を見るといっても少しの不満を募らせるときがあります。

そのような時はイライラすると思うでしょう。

そのような時はイライラしないで、夫に家事や子供の面倒を見てもらうと良いでしょうね。

最近はイクメンというのが流行っていますからね。

イクメンとは妻に変わって子供を育てる夫という意味です。

妻が育児から少し離れて良い気分転換が出来たのなら子育てを夫とバトンタッチしましょう。

そして気分一新家事も精を出せると思います。

そして、なるべく家事も夫に手伝ってもらいましょう。

アナタがもし、外で働いていたらどうですか?
このようなことも満足にできないし、家事も子育ても夫には頼めません。

だから、ここは専業主婦になって専業主婦の特権をフルに活かせば良いかと思います。

そのような観点からも女性は専業主婦になりたいという志向が強い理由かもしれませんよね。