Home » 在宅ワーク » 在宅勤務の需要化で働くこと

在宅勤務の需要化で働くこと

在宅勤務の需要化、それは在宅で働くことを指します。

在宅勤務の需要化を説明する前に需要という言葉をあまり理解されていない方がいるようですね。

その人のために需要とは何ぞやという事をご説明いたしましょう。

需要とは必要とされているもの、という意味だ。

つまり、在宅勤務の需要化とは企業が在宅で働くことを必要としているかどうかです。

ハッキリ言いましょう。

在宅勤務の需要化は年々少なくなっています。

何故だか分かりますか?
それは、外で働く人が増えているからでしょうね。

自宅には仕事は持ち込みたくないでしょうし。

私も実はそうです。

私も在宅勤務より外出勤務の方が良いです。

なので、私は今は会社員をしています。

外出勤務の利点は人とのコミュニケーションにあります。

私は、あくせく働いて仕事をしているのです。

唯一の私の楽しみは昼休憩になって同僚と共にランチをしながら会話を楽しむことです。

ようやく仕事が終わり昼休憩になりました。

すると私は早速私が親しい同僚を誘って会社の近くにある中華屋さんで食事をしています。

そこで私と私の同僚はいつも同じメニューを頼んでいるのです。

それは餃子にチャーハン、麻婆豆腐に上海焼きそば、酢豚に回鍋肉だ。

それらを食べながら私は私の同僚と楽しく雑談をしたり会社の上司の愚痴を言い合ったり、昨日会社から帰宅した後で何をして過ごしたか?とか話しました。

非常に楽しかったです。

所で在宅の需要化は年々少なくなっていると言いましたが、年々少なくなっていっているのは確かなのですが、探せば1つや2つ在宅勤務を必要としている企業があるとか。

という訳で私の知人は在宅勤務を今でもやっているらしいです。

私は自宅まで仕事を持ち込みたくないので、在宅勤務はごめんだね。